教えて!トイレブース販売業者6サイト

トイレブースは比較サイトを利用して検討しよう

各商業施設などではトイレブースの清潔感や快適空間などを重視して建設される事が多いです。おしゃれで使いやすいトイレブースのリフォームを検討されている方もいらっしゃるでしょう。しかし、トイレの必要最低寸法やトイレスペースなどをしっかり下調べしてからでないと失敗してしまう可能性があります。

その際に、信頼性の高い業者が選べるように比較しながら選ぶ事をお勧めします。業者によって費用は勿論、技術力や知識などが大きく異なるのでしっかり検討しておきましょう。この比較サイトでは安心、安全にトイレブースの比較を行う事が出来ます。

口コミなどで人気を集めている業者が一目で判断する事が出来るので、初めての方でも分かりやすく選定出来るでしょう。見積もりや相談もしやすいので、パソコン、スマートフォン、タブレット端末などから利用してみて下さい。

パーテーションラボ

総合評価 ★★★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • トイレブースを低価格で手に入れることが出来ます
  • 電話で簡単にお見積もりを取ることが出来ます
  • 製造メーカー直販なので、自信があります

パーテーションラボはトイレブースを低価格で手に入れることが出来ます。日本を代表する企業も多く利用していて、実績もありますので、安心して利用することが出来ます。トイレは毎日使用する大切な場所なので、こだわりましょう。

パーテーションラボは、お電話で簡単にお見積もりを取ることが出来ます。電話である程度どのくらいの費用が掛かるか簡単に分かりますので、今後の流れや他社と比較する時にとても役立ち便利なのも魅力の一つとなっています。

パーテーションラボのトイレブースは、製造メーカー直販なので、自信のあるトイレブースとなっています。価格も低価格をモットーに行っていますので、トイレブースならパーテーションラボがお勧めです。

三和シャッター工業株式会社

総合評価 ★★★★★
サービス性 ★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 個性的なデザインのブースを作れる
  • 場所に合わせて設計をしてもらえる
  • 事例が豊富にあるため好みに合わせて選べる

三和シャッター工業株式会社は個性的なデザインのトイレブースが作れ、快適に使えるように状況に応じて決めると効果的です。トイレは限られたスペースを有効活用してブースの広さを決め、安心してできるように便器の個数に合わせて考えると満足してもらえます。

トイレブースは公共施設や商業施設など場所に合わせて決め、快適に使えるようにデザインを決める方法が望ましいです。三和シャッター工業株式会社は子供でも安心して使えるように指はさみ防止などを行い、鍵をかけやすいため安心して依頼できます。

トイレブースは使用する場所に合わせて決め、ドアのタイプや構造だけでなく鍵の種類を確かめて選ぶと安心して使えます。依頼する時は事例が豊富にあるためイメージして選びやすく、内容を比較すると利用者が満足して使えるように決めるきっかけになり便利です。

小松ウオール工業株式会社

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 様々なラインナップで対応できる
  • 様々な材質で希望に答えることが可能
  • 様々なエッジデザインで美しい演出

小松ウオール工業株式会社は多くのトイレブースのラインナップを抱えています。例えば、トイレの中でも引き戸のトイレがほしいと思ったときでも小松ウオール工業株式会社ならば、十分に対応できるだけのラインナップがあります。

トイレの扉の材質にも様々なものがあります。小松ウオール工業株式会社ではいくつもの候補となるトイレの扉の材質がありますので、お客様のそれぞれの都合に合わせて自由に選択することが出来るようになっています。

小松ウオール工業株式会社は美しいトイレを作るべく、デザインにも強いこだわりがあります。トイレのエッジデザインも様々な種類のものを用意していますので、モダンなものからクールなものまで建物にあわせて選ぶことが出来ます。

コマニー株式会社

総合評価 ★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 様々なトイレブースを扱っています
  • こだわりを持ったトイレブースを提供します
  • 様々な色を取り扱っていますので、お気に入りの色を選びましょう

コマニー株式会社は、トイレブースを扱っている会社であり、様々なトイレブースを扱っています。実績もあり、信頼と熱意がある企業なので、これからトイレブースを作ろうと考えている企業にとてもお勧めとなっています。

コマニー株式会社では、こだわりを持ったトイレブースを提供します。色はもちろん、材質、品質など、こだわりを持ったトイレブースを作ることが可能です。トイレは企業の顔といっても過言ではありませんので、こだわりを持って作りましょう。

コマニー株式会社のトイレブースは、様々な色も用意してありますので、企業色に合ったトイレブースを作れます。また、幼稚園や保育園などのカラフルなトイレブースを作ることも出来ますので、お勧めです。

株式会社ニチベイ

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★★★
利用満足度 ★★★
利便性 ★★★★
情報量 ★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 子供の安全を確認できるので安心
  • 違和感なく連結できて事故も防止できる
  • トイレに興味を持たせる仕掛けがあります

株式会社ニチベイはパーテーションやトイレブースなど快適な生活空間の提供を目指している会社で、子供用のトイレブースも十分な目隠しを保ちながら、大人が上から確認出来るように安全性にも配慮が行き届いています。

大人用のスタンダードタイプのアルミエッジ仕様とも違和感なく連結する事が出来るので、トイレ周りのデザインに一体感が出てまとまりが出ます。子供がぶつかっても大丈夫なように角を丸めてあり、ドアの隙間は指を挟んでも大丈夫なように隙間を開けてあります。

鮮やかな6色のドアを用意しているので、複数を設置する場合は好きな色を選べます。動物のキャラクターシールも付いていて、ドアの色と共に子供に興味を持たせる事が出来ます。トイレ嫌いの子供にも使わせやすい仕様です。

株式会社ソシアパーティション

総合評価 ★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • トイレの安全・清潔を基本に設計しています
  • 使いやすさと多彩なデザインの両方を実現させます
  • トイレブースにレスキューシステムを標準化しています

会社や公共施設・大型店舗などトイレブースの改築や新規設計は株式会社ソシアパーティションを利用しましょう。ここのトイレブースは安全と清潔を基本に設計されています。さらに、使いやすさが良く考えられていて、「落ち着き」や「心地よさ」を演出してくれます。

トイレの形には豊富なバリエーションが用意されていて、デザインも多彩です。デジタル色の見本も用意されているので、実際に設置した時のイメージがすぐに湧きます。心休まる色彩が、実際に使用した時の気持ちよさを演出してくれることでしょう。

安全面も十分に管理されていて、施工手順は具体的に説明してもらえます。すべてにレスキューシステムを完備しているので、老人ホームや介護施設に設置した場合もとっても安全です。

選ばれやすい現在のトイレブースの型式

これは時代の推移・技術革新などによるせいもありますが、現在のトイレブースに関しては、今から約10年くらい前までは、金属とプラスチック加工板からなる製のもので、ドア部分が内側開閉式仕様であり、一体型塗装仕様のものが大半を占めていたような様相がありました。ところが、開閉時の事故の増加や雑音面においての配慮不足、IT環境の整備によるモバイル端末類による性能向上での撮影機能の操作容易化などによるプライバシー配慮面での課題、それらを中心とした様々な事情から、公共の場にあるトイレ施設などで特に、改善をしていく必要性といった問題がありました。そうした事情から、ブース施設関連の建築事業者は、それまでの自分たちが採用をしていた巷での技術革新に関しての必要性に迫られて、それまでの金属・プラスチックからなる合板式仕様のものからの改変という必要性に迫られた理由がありました。

そして、それまでの合板式仕様であるものから、防音面と耐久性、外装面をそれぞれ同時に意識をした、木材と硬化プラスチック、あるいは、木材と軽量の金属類からなる加工合板仕様のものへと組み立てていくタイプであるものへという、技術革新がなされて、それらのものによる型式であるものが現在、ここ、3、4年の間にメジャー化してきているような感もあります。そのような現在までに至る様子になっていますが、本当に戸口部分での軽量化がなされ、その上、トイレブース全体が低コストでありつつ、防音面・プライバシー保護面・外装面の各3面全体において、大変優れたものを開発していく事が出来て、様々な種類やバリエーションからなるものが生まれ、市場へ出されているという現在までの様子になります。こうしたこれまでの経緯から、3Dプリンターの登場やOS開発面での技術向上といった条件も相埃って、優秀なブース類が登場するという状況になっています。

そして最近は特に、何と言っても、木材板とプラスチックあるいは加工金属からなる板類からなる合板でありつつ、中身に空洞部分が無いという、ソリッド構造といった仕様になっていて、木製部分で防音効果をもたらし、金属・プラスチック部分で耐久性を維持していくといった、大変有効なその性質の良さといった、現在のトイレブースならではの特徴があります。しかも、従来型であるものよりも値段の金額相場も中々低額であり、軽量でありつつ設置をする側にとっても持ち運びという点で思いやりがあり、それで、今話した様々な効果面での良い品質といったものがありますので、そうしたそれらの各面で、それなりの良さというものがあります。更に、現在の2018年の時点に至っては、正確に3Dプリンターソフトなどで設計をされた上、とても頑丈でありつつ軽量なものなどが開発をされたりしていますので、まだまだ需要があるものと考えられます。

カテゴリー

PAGETOP