メディカルアロマの認定講座とは何か

メディカルアロマとは、アロマオイルの豊かな香りを活用して医療現場や介護の現場で患者さんを心身ともに治療することにつなげようとする考え方です。西洋ではアロマはそもそも医療技術の一種として考えられてきましたが、昨今では日本でもアロマの効能を積極的に治療に取り入れようという考えが広がってきました。メディカルアロマの認定講座では、アロマの基本的な効能や利用方法を学ぶことができます。資格取得には認定講座に通学することが必要ですが、講座にはアロマセラピーに関する職業につきたいと考えている人はもちろん、看護師や介護士がスキルアップとして受講する人も少なくありません。また、趣味の一環として受講し生活の中にアロマを取り入れている人もいます。このように、メディカルアロマはさまざまな場面で活用することができる認定講座は、大変魅力的だと言えます。

メディカルアロマ認定講座でスキルアップ

アロマとは花や草木から採取する天然のエッセンシャルオイルを使って心身の不調を整えるために使われます。1910年にフランスの科学者であるルネ・モーリス・ガットフォゼが実験中に火傷をした時に、近くにあったラベンダーのエッセンシャルオイルの原液をかけたら痕も残らずきれいになったというのが始まりです。メディカルアロマはエッセンシャルオイルの成分をより化学的に学び、人体に及ぼす影響について詳しく学びます。認定講座は少人数制でしっかり学べるクラスが多く、実際にアロマを使った香水やオイルなどを作りながら楽しく知識を身につけていきます。同じクラスの人が作った作品も見せてもらえたりするのも勉強になります。天然のものと言っても、エッセンシャルオイルの中には、人によっては悪影響もあるので、しっかり学ぶ必要があります。メディカルアロマ認定試験に合格したら、医療や介護の現場で人を癒すために学んだものを発揮できます。

メディカルアロマの認定講座を受ける

メディカルアロマと聞くと、まだ知らない人も多くいますがアロマテラピーと聞くと多くの人が知っています。アロマは多くの人が日常生活の中で、利用しています。様々な心地よい香りが人を元気づけ、癒やしてくれます。様々な効果があります。その効果は、医療や介護の現場でも必要とされています。心療内科では、悩みを抱えた人たちの心を緩和し、婦人科では陣痛などの痛みの緩和、更年期障害や月経痛などの緩和など様々な症状を抱えた人たちを優しく包み込み、心身ともにリラックスさせてくれます。香りや精油の力でケアするのがメディカルアロマです。その効果は大きく、近年、とても注目されています。資格取得を目指す人は、認定校の認定講座を受ける必要があります。基礎医学の知識や技術を身につけていくことで、メディカルアロマセラピストを目指すことができます。