教えて!トイレブース販売業者6サイト

Home > トイレブースについて > 木製のものが多いトイレブースの現状

木製のものが多いトイレブースの現状

 確かに、バスセンターやターミナルの建物内、大きめな大都会内にある駅などにおいては、かなりブースが整備をされたトイレの場所などが増えてきている様子が見られます。
そして特に、ホテルなどとの連絡通路がある場所のところなどの場合、木製で、防音効果にも優れた、トイレブースなども多く見られる傾向が窺える感じがします。
そうした最近の、木材からなる低コストで防音などの諸機能・耐久性に優れたタイプのものが、大型施設内外にあるトイレなどでは導入をされてきているような様子が見られますが、小規模な高級料亭・レストラン・民宿などでも、導入をされたりしてきている状況でもあります。
しかしながら、身障者や重傷病者、高齢者その他の社会的弱者向きであるバリアフリータイプのものは、まだまだ少ないという社会的傾向がある現状があります。

 それでも、木製で防音や頑丈さ、修理面でのやり易さなどの面においては、本当に優れたものが増えてきているような様子が窺える傾向がありますので、一般家庭内や大衆向けである小規模店舗・施設などでも、これから採用をされたりしていく様子が増えていく事は、大いに考えられます。
現在のところとしては、機能性が重要視をされたタイプであるものが多く見られる感じがします。
一般的には、厚物メラミン化粧板などとの合板仕様のものなどが、今のところとしては多いような傾向がありますが、この設計仕様も耐久性が高く、防音機能にも優れている面があり、かなり高い評価がされています。
多少は木製のみからなるものに比べて、耐久性その他の諸機能での優秀さなどがありますが、低コストでそうした良さがありますので、大いに活用をしていく価値もあります。

 それに対して、デザイン面をも重要視をされた、いわゆる高意匠タイプであるトイレブースの種類に属する製品の場合、木製の合板にメラミン板を張り付けて、更にその上で外観と防音のための木製合板を貼り付けるといった、3重仕様であるものが現在注目をされ始めています。
ベースと外観仕様の両方で採用をされている木材合板なども、本当に低コストである処分面でも手間が掛からない木材原材を使用している上に、これも同じく低コストで作られた、メラミン版をそれらの間に挟み込むような設計・構造ですので、大変実用さが重要視をされたものですので、本当に優れた全体仕様になっています。
そうした全体仕様であり、セーフティ仕様の設計などがなされていて、ドアと外枠部分との間においての安全性への配慮もされている構造設計がなされていますので、大変信頼性があります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP